Lime Girls Talk
Lime Girls Talk
プロフィール
プロフィール画像

左:★柑奈(かんな)★
趣味はお昼寝。いつでもどこでもどんなときでも寝てしまう。優しい女の子。 橘香いわく「天然」

右:★橘香(きっか)★
趣味はタロットカード占い。腕はなかなかのもの。しっかり者。柑奈いわく 「あねごはだ」

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アーカイブ

第十一話のあらすじ公開と、ひとくぎりのごあいさつ

柑奈「ぱんぱかぱーん! みなさん、こんにちはっ。柑奈でーす」

橘香「みなさんこんにちは、橘香です。……って柑奈、なんでそんなにテンション高いの? 最終回とはいえ、今までのキャラから変わりすぎだと思うんだけど」

柑奈「だって、これでお仕事終わりだから……」

橘香「やっぱ最後までそーいうよこしまな理由なわけね

柑奈「もちろん、それだけじゃないよ。最終回くらい、ちゃんとユーザーのみなさまにご挨拶しないとね

橘香「なんだ、殊勝な心がけじゃない」

柑奈「というわけで、前回、つまり最終回直前のあらすじでーす」



▼前回までのあらすじ
・第十一話 最終決戦
 ついに開始された反乱軍の総攻撃。圧倒的な戦力差に苦戦する親衛隊。ラルディスンも奮戦するが、事態を打開するまでには至らない。刻一刻と悪くなっていく戦況を見て、マリアがジードのところにやってきてある提案をする。



柑奈「前回のあらすじより、更にたいへんなコトになってきてるね〜。この後に続く第十二話が、現在公開中なんだよね。噂によると、二話同時公開らしいけど」

橘香「十二話と十三話を同時に公開することになったの。ボリュームの問題で普段のサイズに収まりきらなかったから、エピローグ部分を十三話ってことにして、別ファイルにしたみたいだね」

柑奈「クライマックスシーンだから、怒濤の大ボリュームなんだね!」

橘香「そうなのよ〜。ジードは、そして大ピンチのアストレアはどうなってしまうのか? ついに公開された最終話、ぜひぜひNavel@Mobileからご覧ください!」

柑奈「わー、なんて宣伝くさいセリフ〜」

橘香それが目的であらすじ紹介してるんだからいーのよ! マスコットキャラの存在そのものを否定するようなこと言ったら本気で怒るからね」

柑奈「はわはわ、ごめんなさいぃ……(ビクビク)

橘香「まったく、最後の最後になに言い出すんだか」

柑奈「でも、これでホントに最後なんだね〜。あらすじ紹介を始めたのが11月だから。ちょうど三ヶ月くらい。なんだか、あっという間だったね」

橘香「毎度毎度ずる休みしようとしてたあんたが言っても違和感しかないわよ。それに、あらすじ紹介が終わっただけで、マスコットキャラの仕事が終わったわけじゃないからね。紹介することが出て来たらすぐに忙しくなるんだから」

柑奈「え〜〜〜〜〜」

橘香「本気でイヤそうな顔をするな!」

柑奈「というわけでユーザーのみなさま、またお会いしましょう!」(ピュ〜)

橘香「こら、勝手に締めるな! ……って、行っちゃった。ホントに、逃げ足だけは速いんだから」

橘香「ま、いいか。気を取り直して、あたしの方からも締めの言葉を……コホン」

橘香「え〜と。本日をもちましてあらすじ紹介は終わりました。柑奈の言うとおり、あっという間でした。と、とっても楽しかったです。これからもLimeブランドともども、よろしくお願いします!」

柑奈「わー、なんて堅苦しいあいさつ。実はきーちゃんって緊張しい?」

橘香こらぁ、最後だけ出て来て茶化すんじゃないっ!

第十話のあらすじ公開〜。そしていよいよ次回最終話公開!

橘香「みなさん、あけましておめでとうございます。ライムガールズの橘香です。そして〜

柑奈「あけましておめでとうございます、柑奈です!

橘香「お、柑奈にしては珍しくちゃんとした挨拶、そして爽やかな笑顔」

柑奈「みなさまはこの年末年始をどのように過ごされましたか? 2011年が素晴らしい年になるといいですね」

橘香「す、すごい、柑奈がちゃんと進行してる。今日は初めてゴネないで来てたし、なんか良いことでもあったの?」

柑奈「うん。あのね、このあらすじ紹介、次回で最後なんだって」

橘香「そうそう。全十二話のお話で、最終話のあらすじは必要無いから、次回で第十一話のあらすじを紹介しておしまいね」

柑奈「うん。だからね、次でお仕事が終わりだと思うと、嬉しくて嬉しくて……

橘香「……って、やっぱそーいうよこしまな理由だったか! 」

柑奈「というわけで、前回のあらすじでーす」




▼前回までのあらすじ
・第十話 英雄の帰還
 王城に入ろうとしたアストレアたちを、危ういところで救ったのは数日前に去ったはずのジードだった。王城内に集まった一行は、事態打開のための会議を開く。しかし、圧倒的に不利な状況はどうしようもなかった。




柑奈「わ、大ピンチじゃない。Maximum Magicって、ジードがいれば楽勝なお話じゃなかったの

橘香「そんなわけないでしょ。確かにあのゲームのピンチって、主人公がいなかったり理由があって実力が発揮できない場合が多くて、本調子で苦戦するってあんまなかったけど……」

柑奈「そうだよね、主人公のジードが道に迷わなければ勝ちだもん」

橘香「だけど、今回の相手はクーデターよ。四万人を超える反乱軍を相手に、アストレアが率いる王国親衛隊はたったの千名。いくら彼が強くても、四十倍もの戦力差に真っ正面からぶつかるわけにはいかないわ

柑奈「そっか、数のぼーりょくってやつだね」

橘香「現在公開中の第十一話では、アストレアとその仲間たちが、この苦境にどう立ち向かっていくのかが描かれているわよ」

柑奈「そして二週間後に公開される第十二話でいよいよ完結! だね。ワクワク、ドキドキ」

橘香「最終話は大ボリュームみたいだから、ユーザーのみなさんも楽しみにしていてね!

第九話のあらすじ公開〜

 このブログを読んでくださっているユーザーの皆様へ


拝啓 橘香です。
今日はずる休み病が再発した柑奈を探す旅に出ているので、お手紙にて失礼します。
NavelもLimeも冬休みになっちゃったのに、あたしたちだけ仕事してることに不満があるのはわかるけど……なんにも言わずにドロンすることないでしょーがっ!
……と、つい興奮しちゃってすいません。さっさと本日のあらすじに行くことにします。



▼前回までのあらすじ
・第九話 クーデター勃発
 女王を襲った矢と、時を同じくして勃発したクーデター。九死に一生を得、次なる刺客も退けたアストレアは、自分をかばってくれた命に報いるためにも、反乱軍に押さえられている王都に戻ると宣言するのだった。



ついにクーデター勃発。ゲーム本編でもエニスキレンの悪夢としてちらっと触れられていた大事件です。頼みのジードがいない中、最大のピンチに追い込まれながらも、自分たちの役割を果たそうと孤独な戦いを始めるアストレアと仲間たち。本日から公開された最新の携帯小説第十話では、さらに熱い展開が待っていますのでぜひぜひ読んでみてくださいね。


敬具

追伸
柑奈ブッコロス!

第八話のあらすじ公開〜

橘香「みなさん、三週間ぶり! 橘香でーす。ほら、柑奈もボケッとしてないで挨拶しなさい」

柑奈「カンナカンナカンナ、カンナ〜

橘香「あのね、あたしは挨拶しろって言ったのよ。なんで荷馬車に乗せられた子牛の歌の節回しで、自分の名前を連呼してるの? 」

柑奈「むりやりここに連れてこられた柑奈の心境にぴったりかなって思って……」

橘香「……どーいうこと?

柑奈「知らないの、きーちゃん。怖い人に、辛い事が待つ場所へ連れていかれることを、『ドナドナされる』って言うんだよ」

橘香イヤな言い方するな! ずる休みしようとしてたあんたを引っ張ってきただけでしょーが。まったく、ひとをオニババみたいに……」

柑奈「というわけでみなさんお待ちかね、前回までのあらすじでーす」

橘香「なにがお待ちかねだ、話をそらすなーっ!」





▼前回までのあらすじ
・第八話 女王の巡行
 ジードが去ってから、国内の巡行に出かけたアストレア一行。国民と触れあいながら、旅を楽しんでいたアストレア。しかしそこに、彼女を狙う一本の矢が飛来して……ついに、この国を揺るがす大事件が幕を開ける!






柑奈「大変なことになっちゃったね。どーなるの? このあと、どーなっちゃうの?」

橘香「つづきの第9話はNavel@Mobileで公開中だから、気になるなら読んでみたら?」

柑奈「そっか、そーだね。わくわく、どきどき

橘香「そんなに楽しみにしてるなら、サボろうとせずにちゃんと来ればいいのに。毎回あんたの家まで呼びに行くあたしの身にもなってよ」

柑奈「くーくー、すぴー」

橘香「だから、お約束のボケをするなっ!

第七話のあらすじ公開〜

橘香「みなさん、二週間ぶり! 橘香です。そして――」

柑奈「ふぁ〜ぁ、ねむいよう……。柑奈です」

橘香どんな挨拶だ、それはっ。今日は二週間に一度のあらすじ紹介の日なんだから、頑張らなきゃいけないでしょ。しゃきっとしなさい、しゃきっと」

柑奈「はわはわ、きーちゃん、そんなにおこんないでよぅ。ちょっとあくびしただけなのに」

橘香前回すっぽかした身でなにをいうか!

柑奈「というわけで、あらすじでーす

橘香「こらまて誤魔化すな、お説教がまだ――」



▼前回までのあらすじ
・第七話 はしゃぐ女王
 アストレアと一緒に王誕祭を見てまわることになったジード。寝ぼけ眼をこすりながらも嬉しそうにはしゃぐ彼女を見ていると彼の気持ちも晴れていく。しかし暗殺者から彼女を守った直後、偶然に純白のローブを着た少女を見つけてしまう。



柑奈「純白のローブを着た少女って……。わー、なんだか後半から急におはなしが動き始めたね、きーちゃん」

橘香(上手く話をそらしたな……)

柑奈「前回までのあらすじってことは、この続きは『Navel@Mobile』でもう公開されてるんだよね?」

橘香「そうね。現在公開中の第八話では、いよいよヒベルニア王国を揺るがす大事件が幕を開けるわよ。読めば、続きが気になること間違いなし!」

柑奈「マイメニュー登録していただいた方は誰でも読むことが出来ますので、まだのひとはこの機会にぜひ読んでみてくださいね。詳しくは、こちらからどーぞ」

http://www.project-navel.com/navel/mobile.html

橘香「・・・・・。」

柑奈「どーしたのきーちゃん、ハトがまめでっぽうくった見たいな顔して」

橘香「いや、柑奈らしくもなくまっとうなこと言うから。真面目すぎて、突っ込み役のあたしの立場がないくらい」

柑奈「あたりまえじゃない、柑奈はやれば出来きる子なんだよ。次回またお休みが貰えると思えば、これくらい――」

橘香ってこら、またすっぽかす気か
| 1/3PAGES | >>