Lime Girls Talk
Lime Girls Talk
プロフィール
プロフィール画像

左:★柑奈(かんな)★
趣味はお昼寝。いつでもどこでもどんなときでも寝てしまう。優しい女の子。 橘香いわく「天然」

右:★橘香(きっか)★
趣味はタロットカード占い。腕はなかなかのもの。しっかり者。柑奈いわく 「あねごはだ」

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アーカイブ

メインヒロインのひとり、レーナさんのご紹介! #RD_F

※ 本日のブログの内容には一部ゲームの素材を使用しておりますが、開発時点のものであるということをご理解ください。また、加工の有無関わらず、今回のブログで使用している画像の使用はご遠慮ください。



柑奈
「みっなさん、こんにちはー。今日のブログは特別編だよー」

橘香「こんにちはー。……ってあんた、このところずっとテンション高いわよね。つぶやきでもご機嫌じゃない」

柑奈「だってだって、毎日たのしーんだもん。今日だってこの『柑奈の部屋』にお客さんが来てくれるし……」

橘香「勝手に自分の部屋にしないでよっ!」

柑奈「補足しておくとー、きーちゃんが『つぶやき』って言ってたのは、Twitterのことなんだよね。2月17日までの期間限定でやってるから遊びに来てくれるとうれしいな。 #RD_F タグをつけてつぶやいてくれた人のところには、挨拶に行っちゃうかも」

橘香(楽しい仕事の時だけ、ちゃんと告知してくれるのよね……。やれば出来るんだから、いつもこの調子でやってくれれば……)

柑奈「それでは、本日のゲスト、レーナ・S・アルジェントさんのとーじょーです!」

橘香「え、もう呼び込んじゃうの? あのね柑奈、段取りって言うものがあって――」

レーナ「段取りなんてどうでもいいの。あなたたち、わたしを待たせるなんて100年早いわよ。出てあげるだけで感謝してほしいくらいなんだから、ふん」

橘香「そ、そうですか。それでは改めてご紹介させていただきます、こちらが――」

レーナ「ヤポーニア王国のプリンセス、レーナ・S・アルジェントよ。もちろん、名前くらいは覚えてるわよね」

ランド「そして、わたしが執事のランド・アンニバルディです」

レーナ「そう、もちろん名前くらいは――って、なんであんたまでいるのよっ。話がややこしくなるから来るなって言っておいたじゃない」

橘香「あの、レーナさん。出演していただける時間が限られているので、さっそくお話しのほうを聞いちゃいたいんですが……。なんでしたらそっちのひとも一緒でかまいませんし」

レーナ「別に、いてもらわなくてもいいんだけど……」


ランド「ふっ……」(メガネきらっ)

レーナ「くっ……。まぁいいわ、時間がもったいないし。それで、なにが聞きたいの?」

橘香「え〜と、聞きたいことをまとめおいたメモは、と――」

ランド「まずはレーナさま、待たせるなんて100年早いとのことでしたので、100年経ったら何歳になっているのかをお教えください」

レーナ「えーと、ひゃくじゅう……って、何よこの質問!」

ランド「ほー、ひゃくじゅうX才ですか。なかなかのクソばばあですね」

柑奈「わーい、くそばばあー」

レーナ「なんですってっ!」

橘香「落ち着いてください、レーナさん。未来の話をしても仕方がないですし、そもそも質問をしたのはあなたの執事じゃないですか」

レーナ「煽ったのはあなたのお友だちでしょ!」

柑奈「ふっ……」(メガネきらっ)

橘香「あんたメガネかけてないでしょ。話がこじれるから、余計なボケを挟まないでよ」

レーナ「まったくもう、そろいもそろって……」

柑奈「それよりきーちゃん、向こうにいるスタッフさんが指をくるくるしてるけど、あれはなんのサインなの?」

橘香「え〜とあれは巻きで行ってくれって事で……た、大変ですレーナさん質問をいそがないと!」

レーナ「なんにもしてないのになんで時間が無くなってるのよ!」

レーナ「……ということを言ってるのも時間の無駄なわけね。ふんだ、いいわよ、早く質問すればいいじゃない」

橘香「それじゃHP見ればわかるような基本情報はパスして、いきなり核心に……えっと、オープニング曲の『ルシオールマジック -Luciole magique-』って、レーナさんをモチーフに作られたって聞いたんですが、本当ですか?」

レーナ「えっ? それは、確かにそうなんだけど……」

橘香「また見に来ようねとか、あの時の約束あるからとか、意味深な言葉が多いですよね。レーナさんがモチーフってことは、これらの言葉にも深い意味があるんですか?」

レーナ「……」


レーナ「えっと……」

柑奈「なんか見えたよ、きーちゃん……」

ランド「そこまでです。ゲームのネタバレになってしまうことですので、これ以上の発言は控えさせていただきます」(メガネきらっ)

橘香「なるほど、わかりました。それでは次の質問ですが……体験版の範囲でも、いくつか不思議なことがあったんです」

レーナ「なによ、いったい何が不思議なの?」

橘香「例えば、どこからどーみても主人公の悠真さんとは初対面じゃないですよね??」

レーナ「な、なに言ってるのよ。そんなことあるわけがないじゃない」

橘香「レーナさんはともかくとして、ランドさんが言ってることが怪しすぎるんですが」

レーナ「だったらランドに聞いてよ。いろいろたくらみの多いヤツだから、ホントになにか考えてるのかもしれないわよ」

ランド「なにを言っているんですか、わたしは、ただの執事です。後ろ暗いことなどいっさいありませんよ。ほら……」(にっこり)



レーナ「……あやしすぎるでしょーが!」

柑奈「メガネきらっ」(にっこり)

橘香「収拾つかなくなるからつっこまないわよ柑奈」

柑奈「ふぇーん、きーちゃんのいじわるぅ……」

ランド「まぁ、これについてもゲームをプレイしてのお楽しみということですね」

橘香「なるほど。それでは、ここでお時間が来てしまったわけですが……」

レーナ「わたし、ほとんどなにもしゃべってないじゃないっ!」

柑奈「そんなことないよ、ツッコミの達人だってのはわかったよ」

レーナ「それが目的で出て来たんじゃないってば、まったくもう」

ランド「ふっ……」(メガネきらっ)

レーナ「くっ……」

橘香「ほんとに時間がないのでまとめさせてもらいますね。なにか告知とかありますか?」

レーナ「そうね、これからはカウントダウンボイスがたくさんあるから、聞き逃さないでってことと……。後は、発売日にイベントがあるって事くらいかしら。これも、もうすぐ情報解禁になるみたいよ」

柑奈「どっちもLimeのTwitter、project_lime をフォローしておくとすぐにお知らせが届くよ〜」

橘香「それでは、ここで時間がきてしまいましたので……本日のゲストは、Royal Duty/Flush!!のヒロイン、レーナさんでした」

柑奈「えー、もう終わっちゃうの。寂しいなー」(いじいじ)

レーナ「フン……」(そっぽを向きつつ、立ち去ろうとして……)

橘香「そういえば、次回のゲストには、西洞院詩織さんが来てくれるらしいわよ」

柑奈「えっ、ほんとに? やったー」

レーナ「あのね、完全にいなくなってから喜ぶようにしてくれないかしら?」

橘香「……ごめんなさい」